中津川・恵那広域行政推進協議会について

中津川・恵那広域行政事務組合(昭和45年(1970年)~平成17年(1995年))

昭和45年、岐阜県の東濃地域に位置する2市7町4村(中津川市・恵那市・坂下町・川上村・加子母村・付知町・福岡町・蛭川村・岩村町・山岡町・明智町・串原村・上矢作町)によって構成された中津川・恵那広域行政事務組合がスタートしました。
圏域の基本目標として「快適で活力あるみどりの地域」を掲げ、主に交通・情報・通信体系の整備、観光・リゾートの推進、保険・医療・福祉体制の整備、芸術文化・伝統芸能の振興を担ってきました。
平成の大合併により、平成16年10月25日、旧恵那市、恵那郡岩村町、山岡町、明智町、串原村、上矢作町の1市4町1村が合併し恵那市となり、翌年の平成17年2月13日、旧中津川市、恵那郡坂下町、川上村、加子母村、付知町、福岡町、蛭川村、そして長野県木曽郡山口村の1市3町4村が合併して中津川市となりました。
合併により2市7町4村が中津川市と恵那市の2市となったことにより、広域行政については2市の協議で従前の機能を果たすことが可能となったため、中津川市合併の前日の平成17年2月12日に中津川・恵那広域行政事務組合を解散し、翌日の平成17年2月13日、新たに中津川・恵那広域行政推進協議会が発足しました。

中津川・恵那広域行政推進協議会(平成17年(1995年)~現在)

中津川・恵那広域行政事務組合解散に伴い発足した中津川・恵那広域行政推進協議会は、中津川・恵那地域広域行政圏計画の策定及び推進に係る事務事業の管理及び執行についての連絡調整、介護保険制度に係る認定審査事務の管理及び執行に関すること、障害者自立支援制度に係る認定審査事務の管理及び執行に関すること、広域行政の推進に関することについての業務を行う事業所となりました。

○中津川・恵那地域広域行政圏計画の策定及び推進

平成13年度に「第4次中津川・恵那広域行政圏計画」を策定し、『快適で活力あるみどりのひがし美濃』をテーマに地域づくりを推進してきましたが、平成20年度末で国の「広域行政圏計画策定要綱」「ふるさと市町村圏推進要綱」が廃止となり、これに伴い中津川・恵那観光推進協議会でも今後新たに計画策定は行わないこととなったため、「第4次中津川・恵那広域行政圏計画」の最後の年となる平成22年度をもって事業は終了しました。

○介護認定審査会

介護認定審査会は平成12年より始まり、100名の医師や薬剤師、看護師ほか有識者が委員となり、委員5名の合議体を20合議体編成して毎週火・水・木曜日に2審査会を開催し、介護区分の審査を実施しています。
また平成12年より恵那医師会のご協力で、介護保険についての理解を深めることを目的に在宅医療や介護に関するシンポジウムを平成30年まで19回開催してきました。
シンポジウムについては当初の目的である介護保険についての周知という一定の役割は達成したため平成30年の第19回をもって終了とし、令和元年より関係機関の抱える諸問題を共有して協議・学習していくために中津川・恵那医療介護専門職連携会を発足して学習会を始めています。

○障害認定審査会

障害認定審査会は平成18年より始まり、10名の医師や有識者が審査会委員となり、委員5名の合議体を2合議体編成して通常毎月第3金曜日に1審査会を開催し、障害支援区分の審査を実施しています。

○広域観光

合併当初はパンフレット作製、FM放送での観光PR、観光周遊バスの共同運航などの事業を行っていましたが、平成20年度末で国の「広域行政圏計画策定要綱」「ふるさと市町村圏推進要綱」が廃止となりこれに伴って観光事業は両市で行う事となったため一旦活動が停止しました。
その後平成25年にリニア中央新幹線の岐阜県駅が中津川市内に決定したことに伴い、平成26年度より再び中津川市と恵那市の広域にまたがる観光の振興にも着手を始め、平成28年より3年間「地域資源の産業化」をキーワードに「チャレンジ!中津川☆恵那プロジェクト」を実施しました。
今後は持続可能な観光や、滞在型の観光を目標に中津川市・恵那市のPR取り組んでいます。

○広域行政の推進に関すること

両市に跨り広域的に処理することが必要となった事案が発生した場合、両市担当課と共同で事務を行います。
現在両市のごみ処理施設が共に令和14年度末に使用期限を迎えることから、ごみ処理広域化について両市担当課と始めています。

アクセスマップ

ページ上部へ戻る