東美濃観光推進協議会

中津川市と恵那市は、2027年のリニア中央新幹線開業を見据えて、連携して広域観光に取り組んでおり、9月6日(水)に設立されました。
県ではリニア沿線7市町(多治見市、中津川市、瑞浪市、恵那市、土岐市、可児市、御嵩町)とともに2027年のリニア中央新幹線開業を見据えた観光振興に取り組むために、平成29年7月13日に「ひがしみの歴史街道協議会」を立ち上げ、リニア沿線7市町の周遊活性化と観光消費額増に向けた取り組みをエリア全体で展開しています。
こうした中、リニア岐阜県駅に近接する中津川・恵那地域の重要性は増すばかりであり、「岐阜の宝もの」に認定されている中山道17宿や地歌舞伎をはじめとする豊富な観光資源を連携して活用し、さらに磨き上げ、この地域が魅力ある観光地として広く認知され、交流人口の拡大を図ることを目的に設立されました。
「東美濃観光推進協議会」では、

1、地域を周遊してもらう仕組みづくり
2、魅力的な観光商品づくり
3、観光誘客プロモーション

の3点に重点的に取り組む予定です。

問い合わせ先:チャレンジ!中津川☆恵那プロジェクト実行委員会事務局
(中津川・恵那広域行政推進協議会内)
0573ー26ー1111(内線411)

Instagram

ページ上部へ戻る